キーボード,シンセサイザーの廃棄処分が無料で出来る

お問い合わせ

ご不要になったキーボード,シンセサイザーを無料回収いたします!

不用品となったキーボードは、当社が無料回収いたします。お気軽にご利用ください。
新しくキーボードを購入される方、今日は、キーボードの種類と違いについてご紹介いたします。
キーボードのお値段は、数百円の物から2万円以上する高級なモデルまで、色々ございます。
しかし、値段が高ければ良いかと言うと、決してそうでもありません。
たかが、キーボードですが、商品によって随分と作業効率が変わってきます。
実は、キーボードにも、使う方との相性があるのです!
製品の違いが分かれば、製品選びが楽しくなると思います。
キーボードは4つのカテゴリに分類されます。
「メンブレン方式」、「パンタグラフ」、「メカニカル」、「静電容量無接点」の4つです。
メンブレン方式とは、構造が簡単で、安価に製造できるので多くのキーボードにメンブレン式が採用されています。上下2枚の接点シートがキータイプによって触れ合う仕組みで、反発力が強めである事から、長時間の使用にはあまり向きません。
次に、パンタグラフ。これは、キーのどの場所(中心から外れたところでも)を押しても、違和感がなく、負荷も少なくて、タッチも軽く疲れにくいのが特徴です。
そして、メカニカル。ここからはお値段的にお高くなります。
キーに電気的なスイッチが設けられている為、コストがかかり高くなってしまうようです。
構造上、耐久性に優れ、滑らかなタイプが味わえるのが特徴で、スプリングによる独特のタイプ音がし、長時間使用しても負担がかかりません。
最後に、静電容量無接点。
見るからに難しそうな名前ですが、物理的な接点が無いのでスイッチ自体が半永久的に使用できるという物。ただし、静電容量無接点方式を採用している製品は、高価で、販売価格が10000円以上してしまいます。
皆さんのキーボードはどのタイプでしょう?使いやすいキーボードに出逢えると良いですね。

お問い合わせ電話番号 お問い合わせフォーム

株式会社エヌクリーン
大阪府堺市堺区南清水町3丁4番22号
Copyright (C) 2007-2015 不用品回収のエヌクリーン All Rights Reserved.