カラオケ機器の廃棄処分が無料で出来る

お問い合わせ

ご不要になったカラオケ機器を無料回収いたします!

カラオケ機器、また関連機器の無料回収を行っております。
飲食店経営様、法人様に関わらず、個人様でもご対応しております。
店舗のお片づけや、各機器のご処分にお困りの際は、どうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
カラオケと言えば、DAM(第一興商)、JOYSOUND(エクシング)、UGA(BMB)の大手3社。
それぞれ、皆さん、一度はその音質・映像に触れた事があるかと思います。
ここで皆さんに質問です。
この中で、業界ナンバーワンのシェアを持つのは、どこだと思われますか?
正解は、DAM(第一興商)さん。
今日は、カラオケの種類の違いにお話ししたいと思います。
ファンの方からは、映像や音質が業界最高だとの声もある、DAM第一興商。
曲数は約11万曲で、他社に比べると少ないようですが、PVも多くて、J-POPにも、演歌にも強いのが特徴です。(ちなみにアニメ系に弱い。)
カラオケマニアによると、Premier DAMに搭載されている「精密採点Ⅱ」で90点以上出せば、かなり上手だと言える、高性能マシーンだそうです。
次に、JOYSOUND(エクシング)は、事実上業界第2位、曲数は最大約13万曲。
アニメなどのゲーム系の楽曲が多い。インディーズ楽曲の配信にも力を入れていて、アニメ系マニアから根強い人気があるようです。
最後にUGA(BMB)。
配信曲数、No.1の約14万曲。CM効果で知名度は一番あるのだが、音質が悪いとの評価があります。
せっかく歌うんだったら、やっぱり高音質・高性能の方で、映像もきれいな方が良いですよね。

株式会社エヌクリーン
大阪府堺市堺区南清水町3丁4番22号