リサイクルやリユースされる時はお早めに

お問い合わせ
HOME>ブログ » 不用品買取 » リサイクルやリユースされる時はお早めに

リサイクルやリユースされる時はお早めに

category : 不用品買取

リデュース・リユース・リサイクルの意味

一般のご家庭に配られている新聞や、チラシなどの広告にも、最近ではこの3つの言葉を見かけるようになりました。
その中で皆さんが一番、身近に感じている言葉は、「リサイクル」という単語ではないでしょうか?
リサイクル=街で中古品の販売や買取をしてくれるリサイクルショップが、すぐにイメージされませんか?
しかし、本当のリサイクルという言葉の意味は、このイメージとは異なります。
先に挙げたリデュース・リユース・リサイクルは、通称3Rと呼ばれ、このそれぞれの意味を説明すると次のようになります。
まず、「リデュース」は、不用品を製造・加工・販売することを指し、
次に、「リユース」は、不用品を再使用することを指します。
そして、皆さんがよく身近に感じる「リサイクル」とは、不用品を資源(再生資源)として、再生利用することを指しています。

もっと、簡単に皆さんの身近にある物だと、ペットボトルだとイメージしやすいでしょうか?
リデュースというのは、ペットボトルが不用になっても、ゴミに出さないようにすることやそもそも使わないようにするという事。
リユースというのは、この不用になったペットボトルを、綺麗に洗って違う飲み物を入れたり、ペットボトルを花瓶代わりするなどして、繰り返して使えるようにする事。
リサイクルというのは、このペットボトルを資源にして、衣料品やレンジのフードフィルターなど、生活雑貨の原料として再利用される事なのです。
皆さんも出来る事からコツコツと3Rにご協力をお願いいたします。

「下取り」と「買取」の違い

車やバイク、家電製品の販売をされている店舗や通販会社などは、この「下取り」方法を取っている事が多いと思います。
今日は、この「買取」サービスと、この「下取り」という方法の違いは、何かについて、お話したいと思います。
「買取」という行為も、「下取り」という行為も、そこに現金が動いている事に違いはありません。
そして、その商品が業者のもとにいく訳ですから、お客様の手元から商品が無くなるという事についても、違いは無いのです。
では、この2つの違いとは、一体、何だと思われますか?

実は、この買取と下取りの違いは、その行為に前提条件がついているかどうかの違いなのです。
「買取」には、その行為事態に特別な条件はありません。
当社が行っている買取サービスは、お客様が売りたい商品を、店頭に持ち込むなどして、査定をし、買取価格を算出し、その買取価格を、当社からお客様にお支払いし、その商品の権限がお客様から当社へ移る事が、通常の「買取」です。

しかし、下取りには、前提条件があり、必ず新しく商品を購入する必要があります。
新品を購入する代わりに、古い同一商品を買取り、その代金を新品の購入代金に充てていただくという考え方です。
これは、下取りがあれば、購入代金が安くなりますよ!という、宣伝を行い、新しい商品を販売するための、業者側の一つの戦略なのです。

ご不用になられた商品は、不用品=処分と考えてしまいがちですが、皆さんはどうされていますか?

リサイクルエコの需要が高まり、ご不用になられた商品を買い取ってほしいという、お客様からのお電話も増えてまいりました。

買取ってもらって入ってきたお金で、思いがけない臨時収入に繋がり、引越し費用の賢い節約術になったりもしますし、新しい商品を購入する際の資金になったりもします!
こんなお得な方法、使わない手はありません

ただ、どんな物でも、どんな状態でも買い取れるわけではありません。

当社で買取実績を公開しておりますのでだいたいの買取目安をご確認ください。

ご不要になった製品の買取を依頼する際は、なるべく早めをお勧めします。
どうしようか迷っている間に、3か月が経過、半年が経過・・・どんどん時間が経過するにつれ、その商品の価値が下がってしまう可能性もあります。

買取をお考えの方は・・・エヌクリーンにお電話を~。

お問合せ お問合せ
株式会社エヌクリーン
大阪府堺市堺区南清水町3丁4番22号
Copyright(c) 2014 不用品回収のエヌクリーンブログ All Rights Reserved.